スポンサーサイト

Posted at --/--/-- --:-- — Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

Rest in peace, Pina

Posted at 2009/07/08 22:49 — Category:

pina_bausch.jpg
ピナ・バウシュ( link : wikipedia )が亡くなったそうです
癌の告知を受けて たった5日後 6月30日のこと


ただ漠然と 遠くから憧れて 「尊敬」というだけでは言い尽くせないような感情を抱いてきたので
その人がこの世界からいなくなったことを うまく実感することができません

彼女の表現の本質的な価値を 恐らくおぼろげにも理解できず ただ感じることしかできなかった私には
この言いようの無い喪失の寂しさを 誰かにわかって欲しいと思うことすら おこがましいような気がして


ただひとつ確かなことは  あなたのように美しく年を重ねたいと 遠いイメージとしてであっても
私はまたこれまでよりもつよく思い続けるだろう ということ

この先も 生きる上での指標であり続けてくれることに ありがとうと言いたい




スポンサーサイト

おばあちゃん

Posted at 2009/04/09 23:18 — Category:

aip+001_convert_20090409225706.jpg



3月3日。 ひな祭りの日。母方のおばあちゃんが亡くなりました。

母は、おばあちゃんの余命を宣告されてから、
”とにかく最期は苦しまないで逝って欲しい”と、
おじいちゃんの眠るお墓の前で毎日の様に祈っていた。と、話していた。

母の祈り通り おばあちゃんは、苦しむ様子もなく3日の夜中に眠るようになくなったらしい。

連絡を受けて わたしも 急いでちよを連れて帰省した。
何とか、火葬の前におばあちゃんと会うことができた。

おばあちゃんは すごく穏やかな表情で、本当に ただ眠っているかの様だった。

母は、自分の母親(おばあちゃん)に叱られた記憶がない。と言う。
とても我慢強く、無駄に感情を人にぶつけない 素敵な女性だった。と言う。

あの穏やかな表情はおばあちゃんの生き様そのものだな。と思った。

ちよは、そのおばあちゃんと同じ8月21日に誕生した。

ただの偶然かもしれないけど、
どうしても、運命的なものが何かあると思いたくなってしまう。


ますます、大切にそだてなきゃな。と思った。


aip+006_convert_20090409225928.jpg


おばあちゃん 本当に おつかれさまでした。

手紙

Posted at 2008/05/05 18:50 — Category:

kpyW8PVPT4b0xyop5seRLxQg_500.jpg



オランダの とある 街に ひとりのおとこのこが 産まれました。



なまえは”ヴィンセント”。


ヴィンセント は お手紙をかくこと と 絵 が大好きです。


だから、ある日 ヴィンセント は 絵を描きはじめました。


そして 弟の”テオ”に お手紙を いっぱいかきました。

”絵を描くことは こんなに たのしいよ” と。


まいにち まいにち。

ヴィンセント は絵を描きつづけました。

ひまわりも お星さまも 神様も かきました。




絵を描くことが大好きな ”ポール” というお友達もできました。


ヴィンセント と ポール は 一緒に なかよく 暮らしはじめました。


ある日 ポール が ヴィンセント に言いました。

”君が描いた絵の中の キミの耳は ヘンだね” と。



ヴィンセント は ひどく悲しみました。

そして、ヴィンセント は 自分の 左の耳を きってしまいました。

ヴィンセントは悩みました。

”僕は こころのびょうき なのかな?”

”僕は ヘンなのかな?”と。



・・・なやんで なやんで 



ヴィンセント は お星さま になりました。

みんなが 悲しみました。


でも、ヴィンセントは違います。


絵のなかで 笑って います。


”たくさん 絵を描いて よかったよ” と。



ヴィンセント・ファン・ゴッホ と ポール・ゴーギャン のお話。

cha_ra

Posted at 2008/04/21 10:56 — Category:

184e5f35d61c2e8f92fba9a81307baf121c733d6_m.jpg


さまぁ~ず大竹氏のとなりに映るあの方は・・・

charaさま。

4/19(土)のこと。
深夜の音楽番組にcharaさまが・・・出演していたのであります。

ゲストだろう。と思ってみていたら。
どうやらMC。

うほっ。

だんな様(浅野忠信さま)がさまぁ~ず大好きらしい。

大竹氏。うらやましすぎます。

あの大竹氏が、charaさまのオーラにどぎまぎしてた。

おもろい。


75c799193507a2ef66d98471ea6b5d0457df0b5c_m.jpg

Edgar Allan Poe ~The Raven~

Posted at 2008/04/17 02:00 — Category:

The Raven

The Raven: Read by Christopher Walken


”The Raven”大鴉 [First published in 1845]


Once upon a midnight dreary, while I pondered weak and weary,
Over many a quaint and curious volume of forgotten lore,
While I nodded, nearly napping, suddenly there came a tapping,
As of some one gently rapping, rapping at my chamber door.
`'Tis some visitor,' I muttered, `tapping at my chamber door -
Only this, and nothing more.'

Ah, distinctly I remember it was in the bleak December,
And each separate dying ember wrought its ghost upon the floor.
Eagerly I wished the morrow; - vainly I had sought to borrow
From my books surcease of sorrow - sorrow for the lost Lenore -
For the rare and radiant maiden whom the angels named Lenore -
Nameless here for evermore.

And the silken sad uncertain rustling of each purple curtain
Thrilled me - filled me with fantastic terrors never felt before;
So that now, to still the beating of my heart, I stood repeating
`'Tis some visitor entreating entrance at my chamber door -
Some late visitor entreating entrance at my chamber door; -
This it is, and nothing more,'

Presently my soul grew stronger; hesitating then no longer,
`Sir,' said I, `or Madam, truly your forgiveness I implore;
But the fact is I was napping, and so gently you came rapping,
And so faintly you came tapping, tapping at my chamber door,
That I scarce was sure I heard you' - here I opened wide the door; -
Darkness there, and nothing more.

Deep into that darkness peering, long I stood there wondering, fearing,
Doubting, dreaming dreams no mortal ever dared to dream before
But the silence was unbroken, and the darkness gave no token,
And the only word there spoken was the whispered word, `Lenore!'
This I whispered, and an echo murmured back the word, `Lenore!'
Merely this and nothing more.

Back into the chamber turning, all my soul within me burning,
Soon again I heard a tapping somewhat louder than before.
`Surely,' said I, `surely that is something at my window lattice;
Let me see then, what thereat is, and this mystery explore -
Let my heart be still a moment and this mystery explore; -
'Tis the wind and nothing more!'

Open here I flung the shutter, when, with many a flirt and flutter,
In there stepped a stately raven※38 of the saintly days of yore.
Not the least obeisance made he; not a minute stopped or stayed he;
But, with mien of lord or lady, perched above my chamber door -
Perched upon a bust of Pallas※39 just above my chamber door -
Perched, and sat, and nothing more.

Then this ebony bird beguiling my sad fancy into smiling,
By the grave and stern decorum of the countenance it wore,
`Though thy crest be shorn and shaven, thou,' I said, `art sure no craven.
Ghastly grim and ancient raven wandering from the nightly shore -
Tell me what thy lordly name is on the Night's Plutonian shore!'
Quoth the raven, `Nevermore.'

Much I marvelled this ungainly fowl to hear discourse so plainly,
Though its answer little meaning - little relevancy bore;
For we cannot help agreeing that no living human being
Ever yet was blessed with seeing bird above his chamber door -
Bird or beast above the sculptured bust above his chamber door,
With such name as `Nevermore.'

But the raven, sitting lonely on the placid bust, spoke only,
That one word, as if his soul in that one word he did outpour.
Nothing further then he uttered - not a feather then he fluttered -
Till I scarcely more than muttered `Other friends have flown before -
On the morrow will he leave me, as my hopes have flown before.'
Then the bird said, `Nevermore.'

Startled at the stillness broken by reply so aptly spoken,
`Doubtless,' said I, `what it utters is its only stock and store,
Caught from some unhappy master whom unmerciful disaster
Followed fast and followed faster till his songs one burden bore -
Till the dirges of his hope that melancholy burden bore
Of "Never-Nevermore."

But the raven still beguiling all my sad soul into smiling,
Straight I wheeled a cushioned seat in front of bird and bust and door;
Then, upon the velvet sinking, I betook myself to linking
Fancy unto fancy, thinking what this ominous bird of yore -
What this grim, ungainly, gaunt, and ominous bird of yore
Meant in croaking `Nevermore.'

This I sat engaged in guessing, but no syllable expressing
To the fowl whose fiery eyes now burned into my bosom's core;
This and more I sat divining, with my head at ease reclining
On the cushion's velvet violet lining that the lamp-light gloated o'er,
But whose velvet violet lining with the lamp-light gloating o'er,
She shall press, ah, Nevermore!

Then, methought, the air grew denser, perfumed from an unseen censer
Swung by angels whose faint foot-falls tinkled on the tufted floor.
`Wretch,' I cried, `thy God hath lent thee - by these angels he has sent thee
Respite - respite and nepenthe from thy memories of Lenore!
Quaff, oh quaff this kind nepenthe, and forget this lost Lenore!'
Quoth the raven, `Nevermore.'

`Prophet!' said I, `thing of evil! - prophet still, if bird or devil!
Whether tempter sent, or whether tempest tossed thee here ashore,
Desolate yet all undaunted, on this desert land enchanted
On this home by horror haunted - tell me truly, I implore -
Is there - is there balm in Gilead? - tell me - tell me, I implore!'
Quoth the raven, `Nevermore.'

`Prophet!' said I, `thing of evil! - prophet still, if bird or devil!
By that Heaven that bends above us - by that God we both adore -
Tell this soul with sorrow laden if, within the distant Aidenn,※40
It shall clasp a sainted maiden whom the angels named Lenore -
Clasp a rare and radiant maiden, whom the angels named Lenore?'
Quoth the raven, `Nevermore.'

`Be that word our sign of parting, bird or fiend!' I shrieked upstarting -
`Get thee back into the tempest and the Night's Plutonian shore!
Leave no black plume as a token of that lie thy soul hath spoken!
Leave my loneliness unbroken! - quit the bust above my door!
Take thy beak from out my heart, and take thy form from off my door!'
Quoth the raven, `Nevermore.'

And the raven, never flitting, still is sitting, still is sitting
On the pallid bust of Pallas just above my chamber door;
And his eyes have all the seeming of a demon's that is dreaming,
And the lamp-light o'er him streaming throws his shadow on the floor;
And my soul from out that shadow that lies floating on the floor
Shall be lifted - Nevermore!

ある嵐もようの夜、それも陰気な真夜中のこと、
  私はひとりぐったりとした気分で
もう忘れられた古い不思議な物語の数々を読んでいて——
思わずうとうとと睡りはじめた、と、とつぜん
  こつ、こつ、こつ、という音
まるで誰かがこの部屋のドアを、
  そっと叩くかのよう——
〝誰かが訪ねてきて〟と私はつぶやいた
  〝部屋のドアを叩いているのだ——
     ただそれだけのこと、なんでもない〟(以下略)
 
訳/加島祥造
   『対訳 ポー詩集—アメリカ詩人選 (1)』
   岩波文庫 1997/01 所収



The Raven



The RavenThe Raven
(2003/01/27)
Lou Reed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。