スポンサーサイト

Posted at --/--/-- --:-- — Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

帰省中。

Posted at 2008/03/30 13:40 — Category: 雑記

音楽
Graphic by "Gustav Klimt" 1895 音楽

認知・学習・記憶・思考・言語・自由意志・情動・理性・感性など。
ヒトで最も発達した精神機能は脳の働きによるもの。

脳は他の自然の対象に比べて、とてつもなく複雑であり、
現在でも数多くの働きが未知の謎として残されている。



・・・以前にも書いたけれど 私の父親は 脳梗塞の後遺症で言葉を失いました。
失語といっても いくつかに分類されているようですが、
父親の場合はブロカ(運動性)失語に近い、全失語。

残念ながら、彼が何を感じ 何を理解し 何を発したい のか
真実は誰にも分かりません。

自分が失語症である。と、理解しているのかすら分かりません。

言語分野ひとつをとっても できること できないこと があって
それが脳(言語や)のどの部分で指令が出されていて、
実際、どこまで理解できているのか。

うぅん。。。・・・分からないことだらけです。

Taylor氏(神経の専門家)の実体験。
とても興味深い。
体を自分として認識できない



KlimtKlimt
(1992/08)
Gerbert Frodl

スポンサーサイト

【独創性】

Posted at 2008/03/26 02:17 — Category: 雑記

ついさっきの事。
NHKで爆問学問 【爆笑問題×京大】を観た。
テーマは”独創性”


・・・で、感じたこと。

”独創力”とは きっと誰もが持っているものなのかも知れない。
ただ、それを形にする為の圧倒的な知識。大量のエネルギー。そしてものすごい執着心が必要なのかもしれない。

世の中に在る”傑作”と呼ばれるものたち
それらに次ぎこんだ人々の人生は 一般的には とても理解できない独特の信念の上に成り立っている様に思う。

この人も、傑作を生み出した一人。"Pablo Picasso"(パブロ・ピカソ)
ピカソは生涯におよそ13,500点の油絵と素描、100,000点の版画、34,000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作したと言われています。

普通(ベーシック)なものと、独創的なものとは相反する様に感じるけど、
実は、隣接しているものなのかもしれない。


The Old Guitarist
Graphic by"Pablo Picasso" The Old Guitarist 1903ゲルニカ
Graphic by"Pablo Picasso"Guernica 1937おぬる帽をかぶった女
Graphic by"Pablo Picasso"オルヌ帽をかぶった女1962



「私は、近代絵画に関して、なぜ探究という言葉に重要性が与えられるのか理解しえない。私の立場からすれば、探すということは、絵画では何をも意味しないからである。重要なのは、見出すことだ。地面を見つめながら、偶然に落ちているかもしれない財布を探して一生を過ごす男の後について行くなどということは、誰にも興味はないだろう。しかし、何かを――それが何であれ、しかも探したわけでもないのに――見出した者は、われわれの賞賛の的とはなりえなくとも、少なくともわれわれの関心を目覚めさせるに違いない」
by Pablo Picasso

想ふ。

Posted at 2008/03/23 03:35 — Category: 雑記

sunflower           唯一の救い 



父親は、一昨年の冬 脳梗塞 で倒れ 右半身の自由と言葉を失った。

そんな、父親の唯一の救いはそれでもそばに居て幸せそうに笑っている母親の存在だろう。

母親にとっての唯一の救いはそれでも生きていてくれた父親の存在だろう。 
          
私の大切な人は、最近は毎日自分の事のようにチベット問題に一喜一憂(大半が憤慨)している。

彼は、若くして母親を亡くしている。
それでも、そんな彼の唯一の救いは母親に愛された記憶だろう。


自分の存在意義すら分からなくなった時。

彼らの存在を確認する。それが現在の私の唯一の救い。








Graphic by"Egon Shiele"
 /Sunflower





Egon Schiele: Erotic Sketches
Egon Schiele: Erotic Sketches

井坂幸太郎

Posted at 2008/03/21 05:39 — Category:

死神の
死神の精度 (文春文庫 (い70-1)) (文庫) /井坂幸太郎

人間の世界に送られ、人の死を「可」か「見送り」かの判断を報告する死神「千葉」を主人公とした短編集。死神「千葉」の前で繰り広げられる人間模様。


やっと読みました。
死神の精度。
率直に言うと今までの井坂作品に比べて少し物足りない感じもしました。
が。同時に、なんとも言えない不思議な味わいがありました。


不思議と親近感が得られる死神像。
死神「千葉」が出会った6人の人間像。

いつもながら、キャラに幅を持たせるのがうまい。

ミステリーなのにその枠にとらわれていないのは 独自の論理感と知性を持ったキャラクターが在るからなんだろうな。と感心するのでした。


ちなみに私は ”旅路を死神” の偏が好きでした。
単純。そして短絡的な男 ”森岡” と 死神 ”千葉” の噛み合わないやりとりが面白い。

映像としてどう表現されるのか。
映画も期待しております。


Rostropovich Bach Cello Suite No.1 Prelude

こちらは作品中に登場する音楽(music(笑 )
バッハ:チェロ無伴奏組曲

第4偏 ”恋愛で死神” にて

Plaster of paris

Posted at 2008/03/21 00:29 — Category: 音楽

かわいい音楽。
かわいい二人。

Plaster of Paris - Greasy



Plaster of Paris - Rumble
 


今後に期待。

映画音楽の幸福 Amelie

Posted at 2008/03/19 17:52 — Category: 映画

何度でも 繰り返し 観たくなる映画。
やっぱり ”Amelie(アメリ)”は 良い。

NGもかわゆいAudrey Tautou(オドレイ・トトゥ)。
・・・オドレイ・トトゥって言いにくい。


Amelie - Bloopers


そして アメリといえば Yann Tiersen (ヤン・ティルセン)。
クールなイメージだったけど・・・


Yann Tiersen - Le Banquet

意外にアツい。
いい映画には いい音楽ですね。



Yann Tiersen
La Valsedes Monsters

Amelie
Amelie

female

Posted at 2008/03/18 20:11 — Category:

岡本 敏子さん(1926/1/1~2005/4/20)

Wikipedia(岡本 敏子)

信念の上に成り立つ 彼女の生き様を 美しく思います。

 
明日の神話

明日の神話
Graphic by ”岡本 太郎” 明日の神話 1968



強さとはなにか?
信念とはなにか?
幸せとはなにか?

本当に大切なものを見失いそうになる時
小さな出来事で鬱々してしまいそうになる時

いつも 彼女の事を思い出します。


自分自身 ”凛とした強さを持った女性”でありたいと日々思うのです。





book

著:岡本 敏子 ”いま 生きる力”

Cibelle

Posted at 2008/03/16 23:27 — Category: 音楽

cibell.jpg
Cibelle

ブラジル サンパウロ出身・ロンドン在住の女性シンガー
Cibelle(シベーリ)




力強く やわらかく 胸に届く歌声。そしてこの音。 




Green Grass




Gracefully



My space: Cibelle

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

Alton Ellis

Posted at 2008/03/16 15:35 — Category: 音楽

Alton ellis
alton ellis←視聴はこちらで。


ジャマイカが誇るロック・ステディーの大御所。
Alton Ellis(アルトン・エリス)。

70’s以降はイギリスでの活動が中心となり、
当時 Janet Key の歌うラヴァーズ・ロックの名曲『Loving You'』を手がけた歴史も。



甲高い声がとても気持ち良いのです。
 
古ぼけたアナログ音でも。
鮮明なデジタル音でも。
どちらもお勧めです。






I'm still in Love with you





Rock Steaday:Live


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

贈り物

Posted at 2008/03/15 03:16 — Category:

秋田道夫さんの【80mm】
秋田 道夫 80mm 湯のみ


頂きものですが
さすがです。 

直径80mm×高さ80mm の、この湯のみ
 
使っていて とても気持ちが良い。
そして、持っても熱くないのです。
練りこまれた 本物の かたち。  

一生ものにしたい湯のみです。



・・・陳腐な表現しかできないので、
興味のある方はこちらへ 

Michio Akita official site

Afterhours/store


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

warang wayan の バブーシュ

Posted at 2008/03/15 01:07 — Category:

中目黒のインテリア屋さんを ぷらぷら と散策中。

karf  というお店で warang wayan のシンプルなバブーシュに出会いました。

ひとめ惚れ。そして即買い。 

バブーシュ



柔らかい革で、履き心地がとてもよろしゅうございます。

これまた 我が家の愛用品になっております。

karf HP
http://www.karf.co.jp/doc/index.html

warang wayan HP
http://www.warangwayan.com/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

エジソンのレプリカランプ

Posted at 2008/03/13 17:18 — Category:

エジソンのレプリカランプ


我が家の照明です。
素朴だけどとても暖かい灯り。
後藤照明さんの作。


緩 surou と言うお店で見つけました。


「ゆるい」の「緩」で surou(スロウ)。 絶妙な感性。

月島にあるそのお店は
人柄そのままの お店の雰囲気。
店長さんの発する空気が とても気持ちよかった。

是非一度足を運ばれることをお勧めします。

帰りに もんじゃを頂きました。
たいへん 美味しゅうございました。



HPはこちら
→緩 surou 
http://surou.livedoor.biz/


Posted at 2008/03/13 15:20 — Category: 未分類

kotori

はじまりでごわす

Posted at 2008/03/12 23:14 — Category: 未分類

あちょー

テーマ : (●´∀`●) - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。