FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted at --/--/-- --:-- — Category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

同化と感化。

Posted at 2008/04/29 04:36 — Category: 雑記

13512995_500.jpg
6448200_500.jpg


『同化ではなく感化』





彼の口癖。




美しいものをみて魅了されたり。

自分以外の人間に対する憧れがあったり。


でも、みんなコピーじゃなくってオリジナルで在りたい。



人間は弱いから

道を 確かめるために 類をもとめる。

そして確認し 与えあう。 



 
”同化ではなく感化”

そういう関係性が理想的ってこと。 かな?






そして 感化されまくる・・・


"play"(English) by man & woman film.

スポンサーサイト

short_film.

Posted at 2008/04/27 17:10 — Category: 映画


"Kibangay elementary school" by man & woman film.


友達の撮った shortfilm。



なにも
 疑うことを知らない 無垢な子供たち。

見ているだけで ちょっとだけ その頃の記憶がよみがえったり。



いつからか
 虚飾の鎧を まとってしか生きられなくなった自分の姿。

ちっぽけに思う。



ほんとは 変なプライドなんか 全部捨てて


裸んぼのまま生きたいのに。






こちらも 同じ監督の 作品。

なんかいでも見たくなる。 
http://jp.youtube.com/watch?v=CW9qkio6LHc

lumiere

Posted at 2008/04/26 04:08 — Category: 雑記

7d3e985bfa80249fb1e15d5706243ddfd48a52e1_m.jpg



この路が 正解か どうかなんて誰にもわからない。



この先に在るものが 気になってしかたないから 歩きつづける。




もがいて 苦しんで 


たどり着いたとき。



心から 笑っていられたら。



きっと それはせいかいなんだね。

たけこぷた。

Posted at 2008/04/24 10:46 — Category: 雑記

47de6339bdf661607b435c638372dc9f1662bf58_m.jpg




心が壊れるくらいなら。


自由自在に飛びたくなった。





人生長いしね。


もっと気楽にいこう。





Emilie Simon-To the dancers in the rain

眠れない。ひとへ

Posted at 2008/04/23 17:37 — Category:

c4f36a8d86ed74fca92ed63c966e3cb7fbc17353_m.jpg


睡眠障害。
私も かつて 経験したことがある。

原因は様々。

*生理的なもの(睡眠環境の変化 生活環境の変化 など)。

*心理的なもの(精神的ストレス 精神的ショック など)。

*薬理学的なもの(コーヒー アルコール 抗うつ剤 など)。

*精神疾患に伴うもの(神経症 躁うつ病 アルツハイマー(おもに初期。再燃期) など)。

*身体的疾患に伴うもの。(痛み かゆみ 呼吸困難 など)。

対処法として。

*適度な運動習慣

眠気の強さは体温の変化と深く関係性がある。
深部体温が下る途中に、眠りにつきやすくなり、また長く睡眠が持続する。
運動などで体温を上げてやり、その後上手に下げれば入眠しやすくなり、質のよい眠りをとることが出来る。

*適度な温度での入浴

入浴の効果としては、運動と同じように体温リズムの調節。
筋肉をリラックスさせる水浴効果と心身の緊張の緩和。
汗や汚れによる不快感を取り除くという心理効果がある。
(ぬるめの40℃程度のお湯に30分ほどの入浴が効果的。
逆にあまり熱いのはかえって目が覚めてしまいよくない。)

*規則正しい食事

朝食はしっかり摂る。
・・・日中の覚醒度が高いほど夜間に良質の睡眠が取れる。

遅い時間に夕食を摂る事は避ける。
・・・眠る時にまだ消化中だと睡眠を妨げる。

etc・・・


私は、心理的なものが原因でした。(自己分析)
父親のことで悩んだ時期でした。

明日も明後日も
時が過ぎても自分では解決できない問題。

頑張れば報われるという保障もない。
でも、必要以上に頑張っていないと こわい。
・・・と。

でも 結局は時間が解決してくれました。



明けない夜はない

やまない雨はない

no rain, no rainbou



がんばろね。 

きもち。

Posted at 2008/04/21 23:00 — Category:

彼と彼女のきもちはつながりました。

20080417082012.jpg



まるでAnnabel Leeのように。



暖かくみまもりましょう。

おとこ と おんな は 最期 までどうなるかわからない。

同感。



*Annabel Lee: by"Edgar A. Poe"1849

Sad Vacation

Posted at 2008/04/21 19:26 — Category: 映画

ec3b7dcae8018ee0b0df62fba0e3f2028bd45677_m.jpg


原作・脚本・監督:青山真治
出演:浅野忠信・石田えり・宮崎あおい・板谷由香・オダギリジョー・光石研・高良健吾  他


”charaさま”の だんな様。
語らずに居られなくなったので。
サッド ヴァケイション。

一言でいうと”女性の強さ”
というか”偉大な母性”を感じました。

常識を超越した母性。

”こっちは 痛くも かゆくも ない 子供がおるけ ねぇ”

あんなに。 怖いくらいの ふところの深さはないけど。
わかる気がする。

そして エンディング。

”誰もが個々に抱える憤り” と 対照的に ”淡々と流れる時間”

印象的でした。

なぁ~んだ。 って。
ふわふわって。 なれます。

まだ観てないかたはぜひ。

54308a5f2a23d7dd3b6f2e0019daf630de023cb6_m.jpg

cha_ra

Posted at 2008/04/21 10:56 — Category:

184e5f35d61c2e8f92fba9a81307baf121c733d6_m.jpg


さまぁ~ず大竹氏のとなりに映るあの方は・・・

charaさま。

4/19(土)のこと。
深夜の音楽番組にcharaさまが・・・出演していたのであります。

ゲストだろう。と思ってみていたら。
どうやらMC。

うほっ。

だんな様(浅野忠信さま)がさまぁ~ず大好きらしい。

大竹氏。うらやましすぎます。

あの大竹氏が、charaさまのオーラにどぎまぎしてた。

おもろい。


75c799193507a2ef66d98471ea6b5d0457df0b5c_m.jpg

Ichi_ka

Posted at 2008/04/19 20:24 — Category: 雑記

c1681ef90d3780d73dbc254205e8a3a537e4043f_m.jpg



無限に存在する可憐な花。

それらを見つけ出すことよりも。



どこか私に似た あなたに出会い。

いつの間にか ここに在る”あなた”を たいせつに たいせつに 咲かせたい。




限り在るいのちにあなたを想い。


いずれ老いて枯れゆくならば。


あなたを最期まで見届けたい。









Human Reproduction: Fertilization and Fetal Development

人+人。

Posted at 2008/04/18 18:28 — Category: 雑記

Play


繋がる。

人+人。

奇跡の様なこと。
人間にだけ神様が与えてくれた言語。それによって人と人は繋がれる。

繋がった先にあるもの。



友達。恋人。家続。・・・継続。

継続はおもってるよりも難しいことで。

言語いじょうの何かがひつようなのだと思う。


抱擁。SEX。思いやり。愛情。


人は自分のために生きるけど。
自分のためだけには生きられない。

独りならきっと孤独死する。


たいせつな誰かのために。生きる。

私はとっておきの言葉をひとついうよりも。
10個の行動をとれる人間でいたい。


動物は言語を持つことを許されなかった。
それでも こどもを産み。食べものを与え。生き方をおしえる。


繋がることは奇跡だけど。
継続を放棄したら いずれ破綻する。

大切な誰かのために つづけよう。

そしたら きっと成長できる。

Edgar Allan Poe ~The Raven~

Posted at 2008/04/17 02:00 — Category:

The Raven

The Raven: Read by Christopher Walken


”The Raven”大鴉 [First published in 1845]


Once upon a midnight dreary, while I pondered weak and weary,
Over many a quaint and curious volume of forgotten lore,
While I nodded, nearly napping, suddenly there came a tapping,
As of some one gently rapping, rapping at my chamber door.
`'Tis some visitor,' I muttered, `tapping at my chamber door -
Only this, and nothing more.'

Ah, distinctly I remember it was in the bleak December,
And each separate dying ember wrought its ghost upon the floor.
Eagerly I wished the morrow; - vainly I had sought to borrow
From my books surcease of sorrow - sorrow for the lost Lenore -
For the rare and radiant maiden whom the angels named Lenore -
Nameless here for evermore.

And the silken sad uncertain rustling of each purple curtain
Thrilled me - filled me with fantastic terrors never felt before;
So that now, to still the beating of my heart, I stood repeating
`'Tis some visitor entreating entrance at my chamber door -
Some late visitor entreating entrance at my chamber door; -
This it is, and nothing more,'

Presently my soul grew stronger; hesitating then no longer,
`Sir,' said I, `or Madam, truly your forgiveness I implore;
But the fact is I was napping, and so gently you came rapping,
And so faintly you came tapping, tapping at my chamber door,
That I scarce was sure I heard you' - here I opened wide the door; -
Darkness there, and nothing more.

Deep into that darkness peering, long I stood there wondering, fearing,
Doubting, dreaming dreams no mortal ever dared to dream before
But the silence was unbroken, and the darkness gave no token,
And the only word there spoken was the whispered word, `Lenore!'
This I whispered, and an echo murmured back the word, `Lenore!'
Merely this and nothing more.

Back into the chamber turning, all my soul within me burning,
Soon again I heard a tapping somewhat louder than before.
`Surely,' said I, `surely that is something at my window lattice;
Let me see then, what thereat is, and this mystery explore -
Let my heart be still a moment and this mystery explore; -
'Tis the wind and nothing more!'

Open here I flung the shutter, when, with many a flirt and flutter,
In there stepped a stately raven※38 of the saintly days of yore.
Not the least obeisance made he; not a minute stopped or stayed he;
But, with mien of lord or lady, perched above my chamber door -
Perched upon a bust of Pallas※39 just above my chamber door -
Perched, and sat, and nothing more.

Then this ebony bird beguiling my sad fancy into smiling,
By the grave and stern decorum of the countenance it wore,
`Though thy crest be shorn and shaven, thou,' I said, `art sure no craven.
Ghastly grim and ancient raven wandering from the nightly shore -
Tell me what thy lordly name is on the Night's Plutonian shore!'
Quoth the raven, `Nevermore.'

Much I marvelled this ungainly fowl to hear discourse so plainly,
Though its answer little meaning - little relevancy bore;
For we cannot help agreeing that no living human being
Ever yet was blessed with seeing bird above his chamber door -
Bird or beast above the sculptured bust above his chamber door,
With such name as `Nevermore.'

But the raven, sitting lonely on the placid bust, spoke only,
That one word, as if his soul in that one word he did outpour.
Nothing further then he uttered - not a feather then he fluttered -
Till I scarcely more than muttered `Other friends have flown before -
On the morrow will he leave me, as my hopes have flown before.'
Then the bird said, `Nevermore.'

Startled at the stillness broken by reply so aptly spoken,
`Doubtless,' said I, `what it utters is its only stock and store,
Caught from some unhappy master whom unmerciful disaster
Followed fast and followed faster till his songs one burden bore -
Till the dirges of his hope that melancholy burden bore
Of "Never-Nevermore."

But the raven still beguiling all my sad soul into smiling,
Straight I wheeled a cushioned seat in front of bird and bust and door;
Then, upon the velvet sinking, I betook myself to linking
Fancy unto fancy, thinking what this ominous bird of yore -
What this grim, ungainly, gaunt, and ominous bird of yore
Meant in croaking `Nevermore.'

This I sat engaged in guessing, but no syllable expressing
To the fowl whose fiery eyes now burned into my bosom's core;
This and more I sat divining, with my head at ease reclining
On the cushion's velvet violet lining that the lamp-light gloated o'er,
But whose velvet violet lining with the lamp-light gloating o'er,
She shall press, ah, Nevermore!

Then, methought, the air grew denser, perfumed from an unseen censer
Swung by angels whose faint foot-falls tinkled on the tufted floor.
`Wretch,' I cried, `thy God hath lent thee - by these angels he has sent thee
Respite - respite and nepenthe from thy memories of Lenore!
Quaff, oh quaff this kind nepenthe, and forget this lost Lenore!'
Quoth the raven, `Nevermore.'

`Prophet!' said I, `thing of evil! - prophet still, if bird or devil!
Whether tempter sent, or whether tempest tossed thee here ashore,
Desolate yet all undaunted, on this desert land enchanted
On this home by horror haunted - tell me truly, I implore -
Is there - is there balm in Gilead? - tell me - tell me, I implore!'
Quoth the raven, `Nevermore.'

`Prophet!' said I, `thing of evil! - prophet still, if bird or devil!
By that Heaven that bends above us - by that God we both adore -
Tell this soul with sorrow laden if, within the distant Aidenn,※40
It shall clasp a sainted maiden whom the angels named Lenore -
Clasp a rare and radiant maiden, whom the angels named Lenore?'
Quoth the raven, `Nevermore.'

`Be that word our sign of parting, bird or fiend!' I shrieked upstarting -
`Get thee back into the tempest and the Night's Plutonian shore!
Leave no black plume as a token of that lie thy soul hath spoken!
Leave my loneliness unbroken! - quit the bust above my door!
Take thy beak from out my heart, and take thy form from off my door!'
Quoth the raven, `Nevermore.'

And the raven, never flitting, still is sitting, still is sitting
On the pallid bust of Pallas just above my chamber door;
And his eyes have all the seeming of a demon's that is dreaming,
And the lamp-light o'er him streaming throws his shadow on the floor;
And my soul from out that shadow that lies floating on the floor
Shall be lifted - Nevermore!

ある嵐もようの夜、それも陰気な真夜中のこと、
  私はひとりぐったりとした気分で
もう忘れられた古い不思議な物語の数々を読んでいて——
思わずうとうとと睡りはじめた、と、とつぜん
  こつ、こつ、こつ、という音
まるで誰かがこの部屋のドアを、
  そっと叩くかのよう——
〝誰かが訪ねてきて〟と私はつぶやいた
  〝部屋のドアを叩いているのだ——
     ただそれだけのこと、なんでもない〟(以下略)
 
訳/加島祥造
   『対訳 ポー詩集—アメリカ詩人選 (1)』
   岩波文庫 1997/01 所収



The Raven



The RavenThe Raven
(2003/01/27)
Lou Reed

Gregory Colbert

Posted at 2008/04/14 00:06 — Category:

Ashes and Snow
1.jpg
Ashes and Snow
Ashes and Snow
Ashes and Snow
Ashes and Snow
Ashes and Snow
“Al explorar las sensibilidades poéticas y el lenguaje compartidos por todos los animales, con mi trabajo busco redescubrir esa tierra común que una vez existió cuando las personas vivían en armonía con los animales. Las imágenes muestran un mundo que no tiene ni principio ni fin, ni un aquí ni un allí, ni pasado ni presente.”
すべての動物が共有している言葉と詩的な感覚を探る過程を通じて 私は 人間が動物と調和しながら生きていた時には存在したはずの共通の基礎を再発見したいと考える。
作品のイメージは 始まりも終わりもなければ こちらとあちらや 過去と現在の区別もない世界を表している。
Directed by" Gregory Colbert" Ashes and Snow


いまさらですが。
何度みても心があらわれます。

こんな写真を撮ることのできる
きれいな心を持ち続ける彼がうらやましいです。


Ashes and Snow- Feather to Fire

Paul Gaugin

Posted at 2008/04/12 11:59 — Category: 雑記

Paul Gaugin
Graphic by " Paul Gaugin"
The Universe is Created (L'Univers est créé) , c.1894

最近ある人がこう言っておりました。
”良いことも 悪いことも 結局は自分にかえってくるのだ”と。

怠惰。挫折。破滅。
自律。継続。生産。

自分自身に 甘い 甘~い 甘すぎる私にとって 今後の”良い道しるべ”になってくれる言葉のような気がしています。
・・・どんなに優れた自己啓発本よりも。


paul gauguin


Paul Gaugin (Paperbag)

The Writings of a SavageThe Writings of a Savage
(1996/03)
Paul Gauguin

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。